あひろの空

週間少年マガジンで連載中の漫画です。不良の巣窟だったバスケ部に入部した主人公の空(そら)がインターハイへの出場を目指して突き進むストーリーです。

この漫画の面白いところは、結果を先に見せてそれにつながるストーリーを描くといったところです。連載中の原作では既にインターハイにはいけずに負けてしまう描写が描かれています。既に結果が分かってしまっているのです。その上で、その負けるまでの過程を描いています。少年漫画にありがちな最後は優勝してハッピーエンドではなく、負けてしまうけれどもどのようにして負けるのかという過程で楽しませる、というのはこれまでになかった方法だと思います。

更に最後だけでなく、物語の序盤もまったく試合に勝てません。負け続けます。ある意味それがリアルだと思います。ですが、内容が良いので楽しんで読むことができます。試合の描写を見ても作者がバスケに詳しいのがわかります。バスケ経験者としては共感する部分も多々あり、引き込まれるように読んでいます。>>>>>姉はヤンママ授乳中in熱海

日記

Posted by さあや